余裕をもった返信を。

メールの返信ですが、どのくらいで返していますか?
気になる男性だと、すぐに返信することが多いのではないでしょうか。
すこし焦らすとよいという説もありますが、その辺りを少し考えてみましょう。

確かに時間を置くというのは焦らすというテクニックとしては良いかもしれません。
早く返せば、それだけ自分に好意があると男性に思わせることになるからです。
ですが、ここではもうひとつの意味が大事になってきます。
それは相手のことを考えること。
相手にプレッシャーを与えないこと。
そして相手から自分に興味を持ってもらうことが大切なのです。

気になる人にはすぐに返信してしまいがちですが、それは相手にとっては面倒にもなってきます。
すぐに返ってくるともしかして暇なのか、これだけ自分に好意を持っているなら少しくらいほっておいても大丈夫だろう、などと考えられてしまうこともあります。
余裕を持ったものだと相手から積極的にコンタクトしてきます。
メールは余裕をもってするようにしましょう。

メールひとつで愛され女子に変身。

女子力アップ。続いては、メールについて考えてみましょう。
たかがメールと言われるかもしれませんが、このメールが実はとっても大事です。
メールひとつで男性からの印象ががらっと変わります。
もちろん、美肌を目指したりニキビを撃退したり、ファッションで外見を磨くのももちろんですが、内面も磨いていきましょう。

まず一つ目は、だらだらしたメールをしないこと。
女性に多いものですが、気持ちがのってくるとついつい長文メールを送ってしまいがちです。
相手に自分のことを知ってもらいたいという気持ちは大事ですが、何が本題なのかわからないのは問題です。
男性は結局何を言いたいのかがわからず、ひいてしまいます。
まずはこの点を改善してみましょう。

女性からも好かれる愛され女子になろう

前回のエビちゃんのお話でもありましたが、女性にも好かれるということも愛され女子には大切です。
女性に好かれる女子とはどんな人でしょうか。

まずは裏表のない自分を見せることができること。
やはり素の自分を見せることができないひとは信用ができませんし、何か裏で考えてるのではないかと疑ってしまうものです。
サプリや化粧品の宣伝でも一緒。
常にありのままの自分を見せることで好感度も上がります。

また積極的に話しかけることも大事です。
初対面の人に話しかけることはなかなか難しいものです。
ですが、自分からその壁をとって話しかけることで相手はとてもうれしく感じます。
そんな素敵な人が愛されないわけがありません。

まずは素の自分で積極的に話しかけてみませんか。

愛され女子代表から学ぶこと

さて、有名人から見た愛される女性とはどんな人でしょうか。
実際にたくさんの人から愛される、愛され女子がたくさんいます。
今回はそんな有名人からその秘訣を探ってみたいと思います。

まずは、自身も愛され女子の代表とされているエビちゃん。
彼女が考える、愛され女子にとはどんな女性でしょうか。
それは「何事にも一生懸命で無邪気な女性」とのこと。
頑張っている女の子は、女性の私から見てもキュンキュンして応援したくなるそうです。

彼女自身も前向きで頑張っている姿が印象的です。
そして、常に笑顔で周りを幸せにする素敵な女性です。
結婚してさらにキレイになりました。恋をしていることも大事ですね。
これらのヒントを元に愛される女性になりましょう。

フェイスラインのニキビまとめ。

こうやってフェイスラインのニキビについてお話してきました。
完全に治すのはなかなか難しいものです。
ですが、諦めず、原因を根底から潰すようにしていきましょう。
必ずあんなに苦しんでいたはずの大人ニキビを撃退できるはずです。
ぜひ、ツルツルのお肌を取り戻しましょう。

今までご紹介した以外にも首ニキビケア特集サイトなんかもあります。
それ以外の方法を知りたい方はそちらを見てみるのもよいかと思います。

次回からまた違うテーマで愛され女子を作るためのお話をしていきたいと思います。
愛され女子になることは決して難しいことではありません。
日々精進して素敵な女子を目指しましょう。

適材適所ということ

もう少しだけこの話にお付き合いください。
治療方法は他にもあります。
前回はオードムーゲとメルラインを比較してみましたが、今回はオロナインとメルラインはどちらがお勧め?かという点を見ていきたいと思います。

昔からあるオロナイン。残っているということはそれだけ魅力的な商品であることは想像にかたくありません。
ですが、対大人ニキビとなると変わってきます。
オロナインはニキビをつぶした後の炎症対策には有効です。
それはアクネ菌などの増殖を抑える作用がある殺菌剤だからです。
実はオロナインもオードムーゲに近い商品だったのです。

ですので、この場合も、保湿成分がたっぷり含まれている商品を探す必要があるので、大人ニキビの対策にはメルラインの方がお勧めになってきます。
ぜひ、保湿成分に特化したものを見つけてください。

比較してわかること。

フェイスラインのニキビに必要なものは乾燥を「保湿」することです。
では、どうやって保湿していくか、見ていきましょう。

あごニキビの対策でよく聞くオードムーゲとメルラインの比較をしながらお話していきます。
まず、あごニキビの原因は乾燥です。
乾燥によって皮脂の分泌が過剰になって、それがあごニキビになってしまうのです。
なので、殺菌効果の高いオードムーゲを使用してもなかなか治らないのが現状です。
しかも、アルコールが入っているので刺激性が高いので、肌に負担を与えてしまいます。
その上、必要な皮脂まで除去してしまい、さらにあごニキビが進んでしまう可能性があります。

一方、メルラインはどうかというと、全部で10種類の保湿成分が豊富に入っています。
それも高濃度ではいっているのでその保湿性は言わずもがなです。
また刺激の強いアルコールも入っていないので安心してしようすることができます。

思春期のニキビにはオードムーゲでも効果があることもあります。
ですが、フェイスラインのあごニキビはまた別になってきます。
メルラインのような商品を探してみるのが近道になります。

自分でできる解消方法

対策の一つにはホルモンバランスを元に戻すことです。
大人ニキビはこのホルモンバランスが関係しています。
思春期のニキビとの大きな違いはこの辺にもあります。
ストレスや睡眠不足などが原因となり、バランスを崩してしまうのです。

まずは、そのストレスを解消すること。
ストレスを感じると緊張状態がおこり、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、流すために抗ストレスホルモンが分泌されます。
そのホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂が過剰に分泌される状態を作るのです。
自分なりのストレス解消方法を見つけることが大切です。
たまには、仕事を忘れてゆっくりする、美味しいものを食べる、旅行に行く、ショッピングをするなど。なんでも構いません。

次に、睡眠不足です。
これも緊張を司る交感神経の働きが強くなってしまい、身体に負担がかかります。
交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、交感神経は男性ホルモンの分泌を促すので、皮脂の過剰分泌がおこるのです。
これに関してはとにかく睡眠をしっかりと摂ること。
もし、なかなか眠れない方は、本を読んだり(スマホではだめです)、ホットミルクを飲むなど、眠る方法を探しましょう。

意外なところに原因があります。

さて、出来る場所によってそれが大人ニキビかどうかは判断していただけたと思います。
次は、その原因について見ていきましょう。

大人ニキビの原因はなんでしょうか。
思春期のニキビは未発達な毛穴からきていました。
大人ニキビは実は「乾燥」からきているのです。
脂がでているのに、「乾燥」というとびっくりされる方も多いかと思います。

フェイスラインや首の毛穴に秘密があります。
この部分の毛穴は汗をかかない部位なので、とても小さいものになっています。
そのため、脂や汚れが詰まりやすくなっているのです。
毛穴から余分な脂が排出されず、脂っぽいのに乾燥するという現象が起こるのです。
そして、気になってついつい触ってしまうのも原因の一つです。
それを繰り返すため、大人ニキビは治りにくいと言われています。

では、次回からその対策についてみていきましょう。

大人になると違う場所にできます

大人ニキビは愛され女子の大敵。ケア方法をさらに見ていきます。
次に、もう一度確認しておくことがあります。
それは、大人ニキビと思春期ニキビはまったくの別物ということです。
できる場所やケア方法が大きく違ってくるので覚えておいてください。

今回は出来る場所から見ていきましょう。
思春期のニキビはおでこやTゾーンに多くできます。
10代の毛穴はまだまだ未発達なので、角栓ができやすく、その結果ニキビが多く発生してしまうのです。
逆に大人ニキビはフェイスライン、主に顔の下部に多くできます。
それはある原因からきています。
その上困ったことに治りにくいという性質ももっています。
ケア方法を間違えるとどんどん長引くことになりますので注意してください。
こういった話はメルラインのレビューサイトにも掲載されています。
気になる方はぜひご覧ください。