余裕をもった返信を。

メールの返信ですが、どのくらいで返していますか?
気になる男性だと、すぐに返信することが多いのではないでしょうか。
すこし焦らすとよいという説もありますが、その辺りを少し考えてみましょう。

確かに時間を置くというのは焦らすというテクニックとしては良いかもしれません。
早く返せば、それだけ自分に好意があると男性に思わせることになるからです。
ですが、ここではもうひとつの意味が大事になってきます。
それは相手のことを考えること。
相手にプレッシャーを与えないこと。
そして相手から自分に興味を持ってもらうことが大切なのです。

気になる人にはすぐに返信してしまいがちですが、それは相手にとっては面倒にもなってきます。
すぐに返ってくるともしかして暇なのか、これだけ自分に好意を持っているなら少しくらいほっておいても大丈夫だろう、などと考えられてしまうこともあります。
余裕を持ったものだと相手から積極的にコンタクトしてきます。
メールは余裕をもってするようにしましょう。