相手のことを考える。

他にもたくさんのテクニックがありますが、いちばんはやはり相手のことを考えること。
これを覚えておきましょう。
自分の気持ちだけを相手に伝えるだけでは相手に嫌な気持ちを与えてしまいます。
これは遅刻のメールを送るときでも同じです。
とにかく遅れる連絡をしなくてはならないと考えて、「遅れます」とだけしか送らない人もいます。
しかし、そこで一度考えて、ちょっとした言葉を添えるだけで変わります。
例えば、「暑いので近くのカフェで待っていてください」など。
これはビジネスでも意中の人でも同じです。
たとえ、外で待っていようと決めていても、そのメールひとつで自分のことを気遣ってくれているのはかわるからです。
相手のことを自然と考えられる人が愛されないわけがありません。